援助交際のつもりなのに、私は結構相手を選んでます

援助交際って、女の立場から見れば「お金をもらうのは自分」ということですから、必然的に、援助交際という前提で知り合う男性は全員がお客さんですよね。
相手はみんな自分のお客さんになるわけですから、お金をもらう以上「相手にサービスをする」という姿勢は当然のことながら必要になってくるのかもしれません。
もちろん、相手の男性は自分にとってお客さんということになるわけですから、どういう男性とどういうお付き合いをするかということについて、自分でえり好みするのはご法度だと思います。

しかしながら、私は援助交際というかたちで相手の男性から結構なお金をもらっておきながら、けっこうお付き合いする男性に関しては高望みをしています。
高望みをしているという自覚はあるのですが、別にそれが悪いことだとは思わないのです。
確かに、援助交際という前提で始まる男女交際は少し特殊で、女性が男性からお金を受け取るわけですから、自分が納得して相手からお金を受け取った以上は、自分にお金を払ったお客さんに対してある程度のサービスを精神を持つのは当然だという考え方もあるかもしれません。

ですが私は、嫌いな相手だったらたとえお金をもらったとしてもお付き合いをしたいとは思いませんし、そこまでしてお金がほしいとは思わないので、出会い系サイトを利用して援助交際というものに手を出すとしても、やっぱりお付き合いをする相手は納得できるように選びたいという思いがあるのです。

出会い系サイトを利用している人はたくさんいますし、援助交際というものに手を出すなら出会い系サイトを利用しているのが一番確実な方法だという共通認識があるので、はっきり言ってしまえば援助交際を希望しているような男性はみんな出会い系サイトに集まってきます。
そういう状況ですから、出会い系サイトを利用していれば、援助交際というものを望んでいる男性を探すことに苦労はしません。
はっきり言って候補はいくらでもいるので、ある一人の男性との関係があまりうまくいかなくなって別れることになったとしても、実は私にとってあまりデメリットは無いように思うのです。
むしろ、関係があまりうまくいかない男性と無理に付き合うよりは、自分との相性が少しでもよい相手を出会い系サイトを利用しながら見つけて、その男性との関係を深めていったほうがどう考えても幸せでしょう。

援交や神待ちに興味のある方必見!【援交 神待ち】