セックスがどのくらい気持ちいいか、考えたことがありますか

セックスを経験したことがない人には、セックスの気持ちよさなんてなかなかイメージできないと思います。ネットなどで調べてみると、男性と女性がセックスの際に得られる快楽を比較した場合、女性のほうがはるかに大きな快楽を得るというような情報は、比較的簡単に手に入ります。

女性がセックスの際に得られる快楽は、男性の七倍から八倍なんていうふうに言われていますが、そういうふうに説明されても、やっぱり実際にセックスを経験してみた人でなければ、その行為がどれくらい気持ちいいのかということはイメージしにくいはずです。

ただ、セックスで得られる快楽がどれくらいなのかが分からなくても、ある程度の年齢に達していれば、誰だって(男女問わず)オナニーの経験はあるはずなので、その行為によって得られる快楽を、セックスの際に得られる快楽を想像する際に役立てることはできると思います。

個人差はあると思いますが、オナニーは気持ちが良いものです。気持ちが良いからなかなかやめられないのです。人によってオナニーのやり方にはいろいろと違いがあるものですが、あまりに気持ちが良すぎてオナニーの依存症になってしまう人がいるくらいです。

特に十代の後半から二十代の頃は、自分でもなんだかよく分からないくらいむしゃくしゃしたときにオナニーをして気持ちを静めるという人は多いはずです。繰り返しますが、オナニーをするのは男女共通です。ごくまれに、オナニーをするのは男性だけだというふうに誤解をしている人がいるようですが、そんなことはありません。

むしろ、オナニーの際に得られる快楽も女性のほうが大きいので、男性よりも女性のほうがオナニーの依存症にかかる可能性が高いとすら言われます。特に女性は、男性に比べて我慢することが色々と多いのです。代表的なのは生理の悩みですね、生理中の不快感などについてももちろん個人差があるのですが、多くの女性はこの不快感を鎮めるためにオナニーをするというふうにも言われています。

ただ、自分からオナニーのことについてあれこれと話したがる女性なんてまずいませんし、女性の前でそんな話を平気でするような男性は、まず間違いなく嫌われてしまいますが。

セフレ検索アプリなどを利用してセフレとの出会いを夢見る人たちの中には、当然、セックスの気持ちよさを実感して見たくてセフレとの出会いを求めているという人もいるわけです。人によっては、そういう考え方は「不潔」と思ってしまうようなものかもしれませんが、私は別に「セックスがしたいから」という理由でセフレを募集することがそれほど間違いだとは思いません。

セックスというものが気持ちいいから仕方がないのです。もともと、セックスがしたいという人間の気持ちは、本能的なものなので、この欲求がなくなってしまえば、人間が生殖行為を行わなくなって滅んでしまうという可能性さえあります。セックスがしたいという気持ちは、男女ともにごく普通の気持ちなのです。

ただ、気負付けなければいけないのは、出会い系サイトを利用することによって巻き込まれる可能性がある人間関係のトラブルです。特に、セフレがほしいとか、誰でもいいからとにかくセックスがしたいとか、そんなふうに気持ちが焦っている人ほど、出会い系サイトがらみの詐欺の被害に遭いやすくなるので、くれぐれも注意してください。