前へ
次へ

中国語をチャレンジ精神で学習

中国語の学習では、やはり講師の質もポイントになります。
ネイティブ講師から学ぶのならば、方言(なまり)も学びに含まれるため、出身地がどこなのかもチェックしましょう。
日本人から学習するのも有りですから、言語学部中国語科、あるいは中国語中国文学など、より専門的な分野の学生から学ぶのも有りでしょう。
専門が中国近現代文学であったり、日中比較文学などもあります。
今の日中友好関係の内容も気になるため、あえて語学留学を早めることはありません。
治安の問題もあり、私たち日本人にとっては日本人が多く移住しているエリアに的を絞り、留学するのもいいでしょう。
観光名所を巡り、異国の雰囲気を肌で感じることを繰り返すのも中国語の学習ではおすすめです。
また、歴史はいつの時代も波乱に満ちていますが、五年に一度開かれる権力争い、党大会に向かって水面下では激しくかつ複雑な動きが続きますから、こうした場面は日本人にとっては回避しておきましょう。
中国経済の基本的な構造にも影響する日中友好関係、しかし、決して原則に縛られない外交面もありますから、治安のよいエリアで活動してみるのはチャレンジ精神があればおすすめです。

Page Top